ユネスコ ユネスコ創造都市やまがた

やまがたアーチスト・イン・レジデンス

「やまがたアーチスト・イン・レジデンス」は、国内外のアーチストを招聘し、滞在中の創作活動を支援します。アーチストにとっては異国の滞在、受入側も外からの視点が、双方の刺激となります。アーチストの完成に基づいた山形市の紹介ムービーや、地元学校(小中学校や大学)や市民との交流イベントも行い、相互に学び合う機会を提供しています。

2018年度には、マレーシア、インドネシアから計5名の映像作家が4週間蔵王に滞在し、完成前のドキュメンタリー映画を見直し、編集作業等を行いました。第一線で活躍するドキュメンタリー映像作家(想田和弘監督など)が講師として蔵王を訪れ、参加した映像作家と共に映像を見直し、助言を行うワークショップを計4日間開催。参加者たちは創造都市推進事業の一つである「クリエイティブカフェ」や山形市内の小中学校での授業、上映会などを通して市民と交流を行い、滞在を通じて映像作家たちが見た「山形」を短編映像にした作品の制作も行いました。

2019年度には、同じくユネスコ映画都市の韓国・プサンの映画監督やスタッフ・キャストを山形市に招聘し、短編映画『Return』を制作。滞在期間中は山形市内でロケハンから撮影をこなす中、「クリエイティブカフェ」で市民との交流も行いました。完成した作品はプサン市で開催された「プサンインターシティ映画祭2019」(5/31〜6/3)、また、フィリピン・ダバオで開催された「ニュンググ・アジアン・ファンテスティック映画祭2019」(10/25〜29)の短編部門(アジア)で上映されました。

2020年度は、コロナ禍ということもあり、海外との往来は避け、今後の映画撮影に結びつけることができるよう、山形市を舞台にした独自の脚本の制作を支援しました。山形県内でロケが行われた映画『小川の辺』の監督・篠原哲雄さん(『月とキャベツ』『花戦さ』)と、山形県尾花沢市出身の脚本家・あべ美佳さん(『いしゃ先生』)を招聘し、新型コロナ感染症対策をした上で市民への取材や市内各所を巡るなどのシナリオハンティングを行いました。

 

SDGsの取り組み