ユネスコ ユネスコ創造都市やまがた

第27回 Creative Café 清風荘で映画鑑賞会『一期一会〜山形のお茶文化〜』を開催しました!

Creative Cafe
PICKUP

映像制作を通して山形の文化と魅力を見直す「映像で山形ルネッサンス」事業の最新作一期一会〜山形のお茶文化〜(2020/24分/佐藤広一監督)のお披露目オンライン上映会(特別映像付き)を6月に開催し、大変ご好評をいただきました。そこで、今回のクリエイティブカフェでは、新型コロナウィルス感染症対策を踏まえた上で、少人数予約制の上映会清風荘で行いました。

当日(8/28)の清風荘。

清風荘入り口。

上映の様子。

古くから各流派が一体となり、独自の発展を遂げてきた山形のお茶文化。この映画は、歴史を繋ぐ茶人の想いやお茶文化の魅力を伝える作品です。映画本編(24分)に加え、佐藤広一監督と志賀宗秀先生の特別トーク映像(16分)と清風荘バーチャルツアー(10分)を合わせた50分版の特別編を上映しました。

また、清風荘に隣接する山形市の茶室「宝紅庵」にて呈茶を行い、希望者の方には実際に山形のお茶文化を体験して頂くことで映画の世界を体感して頂きました。

外路地を通って茶室「宝紅庵」へ。

外露地の道中にある益田鈍翁ゆかりの灯籠と蹲(つくばい)。

秋桜をモチーフにした和菓子。(8月28日)

鮎の塩焼きをモチーフにした和菓子。(8月29日)

美味しい抹茶を振る舞っていただきました。

ご参加いただいた皆様からの感想を一部ご紹介します。

 

「あたらめてお茶の心を学ぶことができました。」

「独自性を持つ誇るべき山形のお茶文化。その奥深さを体感することができました。」

「山形のお茶文化をわかりやすく教えて頂きありがとうございました。」

「ゆったりと静かな満足のいくひと時を過ごさせて頂きました。」

「佐藤監督の美しい映像とともに、山形の茶道文化を知ることができました。」

「山形の四季折に触れて大変感動しています。一期一会の世界、大変楽しく拝見いたしました。」

 

「もっとたくさんの方に見て頂きたい!」というお声も多く寄せられ、今後の上映活動の励みとなりました。

ご参加いただいた皆さま、そして、映画制作と呈茶にご協力いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

『一期一会〜山形のお茶文化〜』今後の上映について

今後の上映について、本編・トーク映像・バーチャルツアーをセットとしての上映を今後も行ってまいります。

また、映像で山形ルネッサンス事業では、個人での観賞から団体での上映会まで幅広く、制作した作品の無料貸し出しを行なっております。貸し出しには申請書の提出が必要となりますので、お気軽に山形市文化振興課、又は下記お問い合わせよりご連絡ください。

 

お問合せフォームはこちらから