ユネスコ ユネスコ創造都市やまがた

YAMAGATA CINEMA PARADISE vol. 1 ~ アカデミー賞3部門受賞おめでとうございます!『グリーンブック』 ~

PICKUP
 YAMAGATA CINEMA PARADISE vol. 1

第91回アカデミー賞3部門受賞

『グリーンブック 

(2018/130分/アメリカ)

(原題 Green Book)

映画都市として認定を受けたユネスコ創造都市やまがたのスタッフが、各々のおすすめ映画をSDGsとともに紹介する新コーナー「YAMAGATA CINEMA PARADISE」。

 

今回は英語専門員兼広報担当のAがお送りします🐰

 

私のおすすめ映画は

『グリーンブック』です🚗

 

昨日発表された第91回アカデミー賞で

👑 作品賞

👑 助演男優賞 (マハーシャラ・アリ氏)

👑 脚本賞

3部門受賞となった大注目の映画です👀

 

あらすじ

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

 

この映画の凄いところはこれが《実話》であること。

そして主人公トニーの息子であるニック・ヴァレロンガ氏が脚本を生み出しました。

私が感じたこの映画の魅力は、「物語への没入感」です。

黒人と白人、肌の色の違いだけでなく性格の根っこから正反対の二人が主人公。きっと観客の誰もが彼らに”自分”を見出せるから、まるで自分が旅しているかのように物語にのめり込むことができるはずです。私は黒人ピアニストのドクター・シャーリーに感情移入して観ていました。

笑いも爽快感も痛みもまっすぐ”自分”に刺さるロードムービーで、個人的には『セッション(原題: Whiplash)』以来、映画を見て鳥肌が立ったのは2度目でした。何より映画を観終えた時の感動と幸せは格別で、どんなに嫌なことがあったとしても吹き飛ばしてくれます!

 

SDGsは10番(人や国の不平等をなくそう)。

この時代に生きた人々に染み付いた差別意識が実感できる、そして観た人に「他者を受け入れる大切さ」を教えてくれる映画だと思います。

 

あなたはトニー?それともシャーリー?

ぜひご覧ください!

 

公開日時

31 (金)

TOHOシネマズ他全国ロードショー

🎬 山形市内の劇場

フォーラム山形 3月1日 (金) 

 

グリーンブック』公式Website

『グリーンブック』予告編

 

*「YAMAGATA CINEMA PARADISE」は事務局員が 「これだ!」と思う映画に出会った時に更新するので、不定期更新です。

*この意見は個人によるもので、山形市や山形市創造都市推進協議会を代表するものではありません。