ユネスコ ユネスコ創造都市やまがた

【子供の絵を大募集!】第17回 プサン国際こども映画祭ポスターコンテストのお知らせ

EVENT
NEWS
PICKUP

同じくユネスコ創造都市ネットワークの映画分野で加盟認定しているプサン(韓国)よりお知らせです。

2021年に開催される「第17回 プサン国際こども映画祭(The 17th Busan International Kids & Youth Film Festival (BIKY) )」のポスターコンテストが開催されます。BIKYでは今まで、子どもの機知と想像力に満ちた絵を募集し、デザイナーが応募された作品のコラージュすることによってポスターを作成してきました。今年度もユネスコ創造都市ネットワークの映画分野で加盟している都市と協力し、コンテストを開催します。

[過去のポスター]

  

(左から2016年、2017年、2018年版)

 

(左から2020年、2021年版)


概要


絵のテーマ

『Children’s Day 100 years, The Right to be Happy (訳:100周年を迎える子供の日、幸せでいる権利について)』

わお!韓国では子供の日が100周年を迎えるよ。

1922年にバン・ジョンファンさんが子供の権利を守るために子供の日を作ったんだ。バンさんは「すべての子供が幸せでいる権利がある」と言っているよ!

100年たった今、君は本当に幸せの権利が守られていると思う?君の人生は幸せでいっぱい?

子供の日100周年を記念して、BIKYでは「子供が幸せでいる権利」をテーマにポスターコンテストを開催するよ。

君を守り、自由に遊ぶ権利とは何なのか、絵で自由に表現してみてね!

 

参加できる年齢

5歳から12歳

 

提出する作品について

紙のサイズ: 350mm × 250mm (B4サイズ)

※紙の種類は問いません

絵のタイプ: なんでもOK

※水彩画、モザイク画、モンタージュ、スケッチ、コラージュ、点描を含む

 

応募について

今回のコンテストでは、まず、山形市内から応募された作品の中から推薦作品を1点選考し、プサン国際こども映画祭に提出します。

推薦作品として選ばれた絵は、作品とともにお子様のお名前や連絡先、作品のタイトルや説明を記入する[応募用紙](英語)を主催であるプサン国際こども映画祭へ提出する必要があります。

推薦作品として選ばれた方には、当事務局より保護者さまに電話又はメールにてご連絡を差し上げます。その際に応募用紙の記入に必要な事項や情報等をお伺いし、同意書等への署名をいただきますので、ご協力をお願い申し上げます。又、山形市での選考はプサン国際こども映画祭への推薦作品を選ぶ選考であり、コンテストの勝者を決めるものではありません。

プサン国際こども映画祭のポスターコンテストでは、世界の映画創造都市より応募された作品の中でコンテストが行われます。

見事1位に選ばれた方は、例年プサン国際こども映画祭へ審査員として招かれていましたが、2020年からは新型コロナウィルス感染症拡大によって海外への渡航が難しいため、同等の豪華景品を予定しているそうです。昨年の優勝者には、渡航の代わりの景品として、iPadが贈られました。

 

留意事項

・これはメインポスターに「使用される」絵を募集するコンテストであり、提出する絵に映画祭のロゴやスケジュール等を含む必要はありません。

・ご応募いただいた絵は、原則返却いたしません。

・もし、絵の返却をご希望の方は、大変お手数をおかけしますが、応募の際に【返却希望】と明記の上、選考後に山形市役所5階文化振興課まで取りに来ていただけますようお願い申し上げます。

・ただし、推薦作品に選ばれた絵は、プサン国際こども映画祭へ郵送にて提出されるため、絵の返却はできません。予めご了承ください。

・応募できる作品は、未発表で必ず自作・本人が描いた作品に限ります。

 

提出期限

2022年 2月 15日(火)必着 郵送にて

※ 提出するもの ※

1) 絵の原本

2) 絵のタイトル、絵の説明文

3) 絵を描いたご本人のお名前、年齢、住所

4) 保護者さまのお名前、住所、連絡先(携帯番号とメールアドレス)

絵の原本に加え、2)〜4) の内容を別紙に明記の上、郵送にてお送りください。

 

送り先住所

〒990-8540

山形県山形市旅篭町2−3−25

山形市役所文化振興課内 山形市創造都市推進協議会

 

選考結果の発表

〈山形市「推薦作品」選考結果〉

2022年 2月 18日(金)

選ばれた方に直接連絡を差し上げます。

 

お問い合わせ

何かご質問やご不明な点等があれば、こちらからお問合せください。