ユネスコ ユネスコ創造都市やまがた

第30回Creative Caféオンライン配信特設ページ

映像で山形の魅力再発見

「映像で山形ルネッサンス」は、映像を通して山形の文化と魅力を見直すと同時に、地元映像クリエイターを支援するプロジェクトです。東北にしかない伝統こけしなどを有する「こけし」文化、そしてラーメン外食費全国1位の「ラーメン」文化に着目し、それぞれ短編映画を制作しました。
3月20日・21日の2日間限定で、オンラインのお披露目上映会を行います。皆さん、ぜひご覧ください。

日時

2021 320日(土)0:00 から 21日(日) 23:59 まで

視聴方法

2021年3月20日(土)午前0時 からこのページにてご覧いただけます。

※無料配信となります。
※今後の参考のため、ご視聴後にアンケートにご協力をお願い申し上げます。

MOVIE 01『山形こけし 〜工人たちの不易流行〜』

《作品情報》東北地方の温泉場に誕生した伝統こけしは、かつて木地屋が子供の玩具として作ったのが始まりとされている。11系統のうち主に3系統の伝統こけしが山形県内で今も受け継がれ、また、時代に応じて各工人の工夫を加えながらこけし文化を守っている。

監督:佐藤 広一

《監督 Profile》1977年生まれ。山形県出身。監督作『世界一と言われた映画館』が2019年に全国公開。現在、長編ドキュメンタリー映画『丸八やたら漬 Komian』『紅花の守人』を制作中。

MOVIE 01 アンケートフォーム

ご視聴後はこちらのアンケートフォームからご感想等をお送りください。


MOVIE 02『山形ラ〜メン 〜麺と スープと あっつい心と〜』

《作品情報》山形市発祥の冷たいラーメン、蕎麦店ならではのこだわりのラーメン、コロナ禍であえて船出した新規店、創業50年目で母の味を継承する老舗店を、山形市出身の漫画家・河合単さんの視点を交え取材。

監督:佐藤 哲哉

《監督 Profile》1974年新庄市出身。フリーデザイナー。東北芸術工科大学 情報計画学系卒。現在は山形市でテレビCG制作をする傍、自主映画・映像作品の制作や支援も行う。

MOVIE 02 アンケートフォーム

ご視聴後はこちらのアンケートフォームからご感想等をお送りください。


お問い合わせ

主催:山形市創造都市推進協議会(山形市役所文化振興課内)

詳しくはこちらからお問い合わせください。