いまや映像文化は山形独自の地域資源

1989年 山形国際ドキュメンタリー映画祭を山形市がスタートさせ、2006年に法人化し、現在は認定NPO法人が母体となり映画祭を運営・開催しています。世界中の熱心な映画人より高い評価いただき、山形から世界へ巣立つ映像作家も少なくありません。1992年には、山形市に東北芸術工科大学が開学。これまで数多くの映像クリエイターを輩出し、県内外の企業で活躍しています。更に、山形フィルムコミッションを設立し、ロケーション誘致から撮影支援を開始する一方で、ダイバーシティメディアとムービーオンでは、山形国際ムービーフィスティバルを開催し、若きクリエイターへの支援も行っています。このように、山形市における産学官は市民と共に映像文化を重要な独自の地域資源として捉え、文化創造都市として歩み始めているのです。

  • 映画祭
  • 表彰
  • 芸工大
  • 山形市