【産調ガールズ】山形市の高校生の取り組みが、全国一位に輝きました!

山形市立商業高校・産業調査部(通称:産調ガールズ)が、

 

平成29年11月15~17日に開催された

第25回全国高等学校生徒商業研究発表大会において

 

「人口増大計画~ビジネスは人がいなくてできますか?~」

 

の発表で、大会最優秀賞文部科学大臣賞産業教育中央会長賞を受賞しました✨

 

 

山形新聞掲載記事はこちら


産調ガールズは、「山形の人口増大」というテーマを掲げ、その解決に取り組むべく、高校生ウェディングフェア、山形の老舗企業との連携など、様々な取り組みを、高校の部活動そして全国大会に向けての研究テーマとして行ってきました。

 

《彼女たちの素晴らしい研究発表内容はこちらから!》

 

このテーマ自体が「持続可能なまちづくり」を考える創造都市の理念そのものとリンクします。産調ガールズの取り組みの一つ、高校生が魅力ある山形市を案内する「駅からハイキング」は、創造都市やまがたのアクションプラン「クリエイティブ・ツーリズム」のまさに実践版。産調ガールズは、そんな活動を、8年前から行っているのです。

 

山形市創造都市推進事業との連携では、昨年度、山形市の老人ホームで、昭和三十年の懐かしい映像をみながら活弁を行い、そして山形の「どんどん焼き」をふるまう取り組みを行ってくれました。高校生と施設入所者の皆様との交流は、心温まるものでした。

 

(活弁の様子)

 

産調ガールズの皆さん、

誠におめでとうございます!

 

高校三年生は、これから一人ひとりが今後新しい世界に羽ばたく中で、ぜひこれからも「山形人口増大計画」の提案、実践をお願いしたいです!

 

山形市商業高校産業調査部ブログにて最新情報をチェック!