【日本文化の総合芸術】第33回鈍翁茶会が開催されました!

第33回 鈍翁茶会

6月24日(土)、25日(日)

もみじ公園内 宝紅庵にて


山形市が建設した公共の茶室「宝紅庵」と、益田鈍翁遺愛の蹲踞(つくばい)、灯籠、庭石などの寄贈をきっかけに、地元茶道流派の垣根を超えた協力により昭和60年に始まった「鈍翁茶会」は、今年で33回目を迎えました。

大寄せの茶会では、西の「光悦会(京都)」、東の「大師会(東京)」に、山形の「鈍翁茶会」を加え、「日本三大茶会」と称されています。

日本文化の総合芸術といわれる茶会を、海外の方からも楽しんで頂けるよう、英語通訳にも対応しております。

県外や海外からのお客様も多くご来訪いただき、清風荘・宝紅庵・もみじ公園は大変賑わいました。
また来年も、お待ちしております。

尚、現在動画も作成中ですので、

しばらくお待ちください!