第1回やまがた市民映画学校が開催されました!

 

6月23日(金)、第1回目の

『やまがた市民映画学校』が、

山形国際ドキュメンタリー映画祭

『金曜上映会』とのコラボで

開催されました!


『懐かしい山形とシネマ通り』のテーマで今回上映したのは、昭和30年代に製作された『山形広報ニュース No.1, No.2』と『四季のたより』の2作品。

上映場所は、シネマ通りで書店から文化サロンへと生まれ変わった「郁文堂書店」。

“昭和の懐かしい山形の映像を、昭和のノスタルジックな建物で観る”

まるでタイムスリップしたかのような上映会には、高校生や大学生の若い方々から年配の方々まで、大勢の方々に参加いただきました。

また、上映後には会場内の参加者を交えてトークが行われたのですが、「山形を築いてきた方々」と「山形を築いていく方々」の意見交換は盛り上がり、本当に面白いものとなりました。

第2回やまがた市民映画学校も

ぜひお楽しみに!